記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事「エンタメ被害者の会 障害者の就労についてシンポ」

エンタメ被害者の会 障害者の就労についてシンポ
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/08/08/post_8077.php

 昨年11月末にイオンモールKYOTO(京都市南区)内でテレビ関連商品を販売していた「テレビエンタメストア」が倒産し、障害者42人を解雇した問題で、元従業員を支援する「エンタメ被害者の会」は7日、京都市下京区で障害者の就労について考えるシンポジウムを開きました。
 シンポは、元従業員らが再就職できないなどの実態を受けて行われたもの。解雇問題は、2月末に同店舗の経営者が「未払い賃金の9割分」の解決金を支払うことで、「会」と合意しています。
 50人が参加。同「会」共同代表の矢吹文敏、全労働省労働組合京都支部の糸井仁美、障害者就業・生活支援センターの日置貞義、相楽デイセンターの坂東敏和の各氏がパネリスト、同「会」を支援する中村和雄弁護士が司会を務めました。
 パネリストは、「『かわいそうだから雇ってあげよう』という意識が背景にあると感じる。対等に働きたい」(矢吹氏)、「障害者雇用の支援策が就労時点で行うものに集中し、障害者が働き続け、支え続けるものになっていない」(日置氏)など訴えました。
 木下秀雄大阪市立大学教授がコメンテーターとして参加。一般的に過酷な労働現場が広がっていると指摘し、そこに障害者が参入すれば過労死や二次障害を生む可能性があるとのべ、「一般労働市場でのディーセントワーク(=働きがいある人間らしい労働)の実現も必要」と訴えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hanhinkonkyoto

Author:hanhinkonkyoto
反貧困ネットワーク京都のブログへようこそ。京都から「反貧困」でつながろうとする人々の情報を載せていきます。2009年12月5日に設立集会を行い、ネットワークをつくりました。

私たちの活動にカンパをお願いします★
----------------------
【年会費振込先】
◆ゆうちょ銀行 口座記号番号 00960-5-165420
  他行からの振込み:〇九九店(099) 当座預金 0165420
◆近畿労働金庫 京都支店  普通預金 3605742
◆京都銀行 京都市役所前支店  普通預金 3631759
名義はいずれも 反貧困ネットワーク京都(ハンヒンコンネットワークキョウト)
◆年会費 個人1000円 団体10000円
----------------------

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。