記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■かりん燈特別企画/介助者の生き方・働き方を考える集い in 大阪

----------------------------------
かりん燈特別企画 介助者の生き方・働き方を考える集い in 大阪

「介助者たちは、どう生きていくのか?」パート2

※パート1は5月23日(土)東京で行いました。
※チラシは、かりん燈ブログの
http://blogs.dion.ne.jp/karintoupossible/archives/8762532.html
にあります。

企画趣旨
 これから、介助者・介護者の生き方、働き方が問われてきます。これまで、地域で自立生活を送る障害者の介助の多くは無償でした。無償の中でも介護に入り続けてきた健常者はいました。その人たちはどのような思い、気持ちで障害者の介助に入り続けたのでしょうか? 2000年代に入り、介助が明確に仕事として位置づけられるようになりました。そして、障害者の地域生活が進展すると同時に介助者の数も増加しました。ボランティア感覚の人もいます。次の仕事が見つかるまでの腰掛け気分の人もいます。障害者の地域生活を支えることにやりがいを感じている人もいます。また、見えないところでしんどい思いをかかえている人もいます。介助・介護が仕事化していく中で、私たちにとっての課題は何でしょうか? 私たちには何か置き忘れたものはないでしょうか? 私たちが仕事を続けて行く上で必要なものは何でしょうか? そして、私たちは、どのような思いや気持ちでこの仕事を続けていくのでしょうか?
 今回の企画では、介助者・介護者のこれまで、今、これからについて、介助者・介護者として生き、働く人たちの声を聞きながら、いろいろな意見交換をしていきたいと考えています。

前半  
トーク 「介助者・介護者たちはどう生きてきたか?」
 山下 幸子(障害学、介助者 著書に『「健常」であることを見つめる 1970年代障害当事者運動/健全者運動から』)

後半 
トークセッション 「介助者たちは、今どう生きているか? そして…」
〈出演予定〉
井上武史 (メインストリーム協会)
佐々木彩 (画家、介助者、陽のあたる毛の会)
廣川淳平 (JCILコーディネーター)
渡邉 琢 (かりん燈~万人の所得保障を目指す介助者の会))
他ご来場の参加者のみなさん

日時:2009年10月24日(土) 18:30~21:30(18:00開場)

場所:ドーンセンター (5階特別会議室)
(地図 http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html)
・京阪「天満橋」駅下車。 東口方面の改札から地下通路を通って1番出口より
東へ約350m。
・地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。 1番出口より東へ約350m。

参加費:500円

お問い合わせ:かりん燈 mail:karintoukaijo(a)yahoo.co.jp (←(a)を@に変
換してください。いたずらメール対策です)

かりん燈ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~karintou/index.html
かりん燈ブログ:http://blogs.dion.ne.jp/karintoupossible/

協力:コマイナーズ
スポンサーサイト

コメント

いきたいです

すごく面白そうです。
ぜひうかがいたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hanhinkonkyoto

Author:hanhinkonkyoto
反貧困ネットワーク京都のブログへようこそ。京都から「反貧困」でつながろうとする人々の情報を載せていきます。2009年12月5日に設立集会を行い、ネットワークをつくりました。

私たちの活動にカンパをお願いします★
----------------------
【年会費振込先】
◆ゆうちょ銀行 口座記号番号 00960-5-165420
  他行からの振込み:〇九九店(099) 当座預金 0165420
◆近畿労働金庫 京都支店  普通預金 3605742
◆京都銀行 京都市役所前支店  普通預金 3631759
名義はいずれも 反貧困ネットワーク京都(ハンヒンコンネットワークキョウト)
◆年会費 個人1000円 団体10000円
----------------------

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。