記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■反貧困の英知結集!

「反貧困の英知結集!」(2009年9月22日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20090921-OYT8T00843.htm

来月、ネットワーク設立
 多重債務者や路上生活者の支援を行ってきた県内の市民団体や司法書士らが10月、「反貧困ネットワーク愛媛」を設立する。それぞれの団体や専門家の持つノウハウを結集して、貧困に苦しむ人の相談に迅速に対応する狙い。関係者らは「貧困状態にある人が抱えている問題は複合的なケースが多く、普段から横のつながりがあると対応速度が違う」と期待している。

 参加を予定しているのは、多重債務者の救済に取り組む「松山たちばなの会」や、路上生活者への支援を行う「オープンハンドまつやま」、司法書士、弁護士ら。全国で同様のネットワークの設立が相次ぐなか、東京の「反貧困ネットワーク」の呼びかけを受けて設立を決めた。

 10月26日に愛媛大で設立集会を開き、その後は定期的に相談会を開くほか、ネットワーク参加機関で研修などを行って、情報交換や他分野の取り組みについて勉強する場を設ける方針。北海道や埼玉、広島などで既に設立された同様のネットワークとも連携を取っていきたいとしている。

 多重債務が原因で松山市内で路上生活をしていた40歳代男性のケースでは昨年、「オープンハンド」が生活保護受給、「たちばなの会」が債務返済を、連携しながら支援。男性は生活保護受給にこぎつけ、その後、就職先も見つけたという。「たちばなの会」の青野貴美子事務局長は「こうした連携をさらに強め、的確に素早く対応できる体制を早く整えたい」と話す。

 代表に就任予定の愛媛大法文学部の丹下晴喜准教授は「地方では都会ほど貧困が問題化していない。現場の声をもっとすくい取って行政などとも連携してセーフティーネットを強化していきたい」と話している。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hanhinkonkyoto

Author:hanhinkonkyoto
反貧困ネットワーク京都のブログへようこそ。京都から「反貧困」でつながろうとする人々の情報を載せていきます。2009年12月5日に設立集会を行い、ネットワークをつくりました。

私たちの活動にカンパをお願いします★
----------------------
【年会費振込先】
◆ゆうちょ銀行 口座記号番号 00960-5-165420
  他行からの振込み:〇九九店(099) 当座預金 0165420
◆近畿労働金庫 京都支店  普通預金 3605742
◆京都銀行 京都市役所前支店  普通預金 3631759
名義はいずれも 反貧困ネットワーク京都(ハンヒンコンネットワークキョウト)
◆年会費 個人1000円 団体10000円
----------------------

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。