記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反貧困・フリーターメーデー2

[反貧困] 2010年・フリーターメーデー特集 棄民の想像力─逆襲の棄民~パンドラの箱が開く
http://www.jimmin.com/doc/1377.htm
東京・自由と生存のメーデー’10

セーフティネットは網である。網の内側と外側を隔てる分離壁である。張られた網は、その内側にあることの資格を問うものとなる。それを踏まえて声を上げることが、6回目となる「自由と生存のメーデー」のテーマとなった。

初日は、200名が参加するセーフティネットをめぐる討論集会。キーワードはベーシックインカム(基本所得)、従来の労働の定義を見直すことで、労働と生活との関係を作りなおす概念装置だ。

まず田野新一(フリーター全般労働組合共同代表)が雇用の状況について、雨宮処凛(反貧困ネットワーク副代表)が第二のセーフティネットについて報告。

その後に、生活保護申請ビデオ撮影によって起訴されて裁判闘争を闘うA君と、それを支える橋口昌治(ユニオンぼちぼち委員長)が生活保護の現状について、曽我逸郎(長野県中川村村長)が地方と都市との関係の現状について、堅田香緒里(ベーシック・インカム日本ネットワーク)が家族とベーシックインカムについて報告し、パネル討論を行った。

続いて水商売、映像、アパレル、IT、警備業、障害者介助、NPOなどで働く人々が現状を話し合った。

ともすれば、理不尽な慣習や悲惨な条件にのみ焦点が当てられがちである。だが、「外にあるゆえに見えてくる可能性から社会を展望しよう」という趣旨である。

最後に「宮下公園のナイキ化に反対する会」と「麻生邸リアリティツアー事件国賠訴訟団」から逆襲のアピールを受け、6時間にわたる集会は終了した。

サウンドデモとムービーメーデー

翌5月3日は、2部にわたるサウンドデモ。

出発地となった新宿中央公園では、「対都行動を闘う全都野宿労働者実行委員会(全都実)」が共同炊事を行っている。メーデー実行委員会でも、昼から野宿者の仲間とともに共同炊事に参加してカレーを作り、一緒に食べながら交流した。

デモ前の集会では、各地で独立系メーデーに取り組んだ仲間からのアピールに加え、福島瑞穂さん(社会民主党党首)、「かりん燈~万人の所得保障を目指す介助者の会・関東」(仮)からのアピールを受けた。

デモは、およそ350名の参加。新宿中央公園から新宿駅西口で一度解散し、アルタ前に集まりなおして、歌舞伎町、コマ劇場前をめぐって新宿駅東口駅前に戻った。

5月4日は、ムービーメーデーが阿佐ヶ谷ロフトAで行われた。「普通の仕事がしたい」(土屋トカチ監督)を上映し、阿佐ヶ谷で不当解雇にあった映写技師の方をまねき、映像労働者の現状を考えるシンポジウムが開催された。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hanhinkonkyoto

Author:hanhinkonkyoto
反貧困ネットワーク京都のブログへようこそ。京都から「反貧困」でつながろうとする人々の情報を載せていきます。2009年12月5日に設立集会を行い、ネットワークをつくりました。

私たちの活動にカンパをお願いします★
----------------------
【年会費振込先】
◆ゆうちょ銀行 口座記号番号 00960-5-165420
  他行からの振込み:〇九九店(099) 当座預金 0165420
◆近畿労働金庫 京都支店  普通預金 3605742
◆京都銀行 京都市役所前支店  普通預金 3631759
名義はいずれも 反貧困ネットワーク京都(ハンヒンコンネットワークキョウト)
◆年会費 個人1000円 団体10000円
----------------------

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。