記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護基準額引き下げに反対する声明

生活保護基準額引き下げに反対する声明

私たち反貧困ネットワーク京都は、現政権がすすめている生活保護基準額の引き下げに反対します。

反貧困ネットワーク京都は、歴史的な連鎖の貧困問題を根本的に解決していかなければならないという問題意識を共有しながら活動する支援者と当事者のネットワーク組織です。
私たちは京都という地域で、多重債務問題、障害者差別、女性差別、非正規労働者問題、若年者雇用問題、野宿者問題、生活保護の支援などに関わってきました。

私たちの仲間には生活保護で暮らす人もいます。職場のパワハラで精神障害をもち働けなくなった人、家庭内暴力から逃れようとシェルターに飛び込んだ人、就労から排除されて年金と生活保護を組みあせて生活をする障害をもつ人など、差別や偏見に苦しめられてきた人たちです。生活保護から一日でも早く離脱しようと仕事探しをしては、また就労の場から排除されます。それでも動かない心身をかりたてて働きながら、収入が基準額に達せず、生活費を生活保護で補わざるを得ない人もいます。
生活保護を受けている人たちの生活は、孤独なものになりがちです。現在の基準額ですら、食費や交際費を必死に切り詰め、冠婚葬祭をも断ち切る生活の中で、社会から切り離されて、部屋の中で孤独になっています。

この間日本はようやく貧困問題に焦点をあて、立場を超えてその現状認識を深めつつあり、その解決に乗り出したところでした。14年連続で続いてきた自殺者3万人以上という不名誉な記録からようやく脱し、少しばかり未来に光を感じることができた矢先に、新たな貧困の増大と広範な社会不安を誘因する基準額の引き下げは許されるものではありません。日本の生活保護の捕捉率はいまだ低い状態にあります。それにもかかわらず、早くもその問題に蓋をして忘れ去ろうとしている風潮を見逃すわけにはいきません。

この拙速な基準額引き下げは、誰のためのもの、何のためのものなのでしょうか。政策に関わる人たちは考え直してください。私たちは断固として生活保護基準額の引き下げに反対します。

2013年(平成25年)2月2日

反貧困ネットワーク京都
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hanhinkonkyoto

Author:hanhinkonkyoto
反貧困ネットワーク京都のブログへようこそ。京都から「反貧困」でつながろうとする人々の情報を載せていきます。2009年12月5日に設立集会を行い、ネットワークをつくりました。

私たちの活動にカンパをお願いします★
----------------------
【年会費振込先】
◆ゆうちょ銀行 口座記号番号 00960-5-165420
  他行からの振込み:〇九九店(099) 当座預金 0165420
◆近畿労働金庫 京都支店  普通預金 3605742
◆京都銀行 京都市役所前支店  普通預金 3631759
名義はいずれも 反貧困ネットワーク京都(ハンヒンコンネットワークキョウト)
◆年会費 個人1000円 団体10000円
----------------------

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。